着物と髪飾り

素敵な和服の着こなし方

着物で歩く昨今、和服の着こなし方について関心を持っている人が増加しています。

和服を着こなす
特に若い世代の女性にとってはファッションに気を配ることがステータスのひとつとしてとらえる動きがみられており、
ファッション雑誌などから情報を得る人も目立っています。

そうした中、着物の髪飾りのひとつとしてカチューシャを選択する人が増加しています。
こうした髪飾りは洋風なテイストではあるものの、個性を表現するためにはもってこいのアイテムとして親しまれています。
現在ではインターネットサイトなどで着物用の髪飾りについての情報交換が活発に行われているために、
TPOに合わせたファッションについての情報を収集することが容易になっています。

和服を着るときっていつものヘアスタイルとは違ったアレンジをすることが多いです。
ですから、それに合ったヘアアクセサリーを選ぶことで魅力も増します。
普段にも使えそうな、洋風のテイストのものを上手く組み合わせることで、その1回だけではなくそのあとも使うことができるのが良いですね。

日本人女性は派手なファッションをそれほど好まない人が大勢いるといされていますが、髪飾りがワンポイントのひとつとして他人に好印象を与えることがあります。
今後もこうしたファッションアイテムに関心を持つ人が増えるとみられています。

着付けの方法や着物の扱い方をマスターする

昨今、訪問着の選び方についてこだわりを持っている女性が増加しています。現代女性のほとんどは、思い思いの洋服を
身にまとっていることが知られていますが、最近では着物などの和服を着こなそうとする女性が増加しています。

着物は日本人女性の魅力を引き立たせるためにはもってこいとされ、着付けの方法をしっかりとマスターすることが大切です。

着付けをマスター

また、かんざしや扇子などのアクセサリー類にもこだわることによって、きちんと身だしなみを整えることが良いとされます。
街中の着物店などでは、訪問着として有効に活用することができる商品が多数展示販売されており、
最近ではアクセサリー類を豊富にそろえている店舗も確実に増えてきています。

自分の着物が欲しいという憧れはあっても、扱いが難しそうというイメージから敬遠してしまう場合もあります。
着物や訪問着をたたむのは難しそうに感じますが、たたみ方の基本を抑えればそう難しいことはありません。

まず、汚れをつけないために大きな風呂敷などを敷いた上で着物などをたたむようにしましょう。
もし風呂敷がなければ、出来るだけ汚れがつかない場所を選んでたたみましょう。自分から見て裾が右、
衿が左になるように広げ下半身の袖を袖付けの線の両端を持って着物の下に織り込みます。

下前身頃をわき線が直線になるように整え、衿先の端と衿の上端をつまんでおります。
衿の上端を衿先をつまみ上げ手前に折り返し、おくみを手前に折り返して整えます。

衿の上端を衿先をつまみあげて重ねあわせ、襟を折り目に沿って整え下の部分も引き寄せてそろえます。
袖付け付近と裾を持ちわき縫いを重ねるように揃え左袖を身頃に揃え、裾を持ち上げて身頃を折ります。

しわが寄っていないかを確認してたとう紙に入れて収納しましょう。