着物と髪飾り

着物の帯の結び方

着物で歩く着物を着る機会がほとんどない昨今だからこそ、機会を見つけて着てみたいと感じる女性も多くいます。
特に若い女性は振り袖にも憧れが強いのではないでしょうか。

着物を着る機会

また、その時に気になるのが帯の結び方です。
今では様々な結び方があるため、迷ってしまうほどです。

着物の振り袖を着るときの帯の結び方でオーソドックスなのはふくら雀です。

まず、手布を40cmほど肩にかけ、たれ元を腰に巻き背中で中心部のほうに向かって引っ張りながら締めます。

もう一度腰に巻きつけ、前板を入れます。
手先が下になるようにしっかりと結び、その下に台ができるようにタオルを入れます。

手先に三つ山五枚ひだを作り、ゴムで留め仮ひもで留めます。
たれ元も同じように三つ山五枚ひだを作り、仮ひもに通して留めます。

タオル台の上に載るように帯枕で二枚の羽を押さえつけて仮ひもを取り、箱ひだを作って
その上に乗せひもで止め、ひもを内側に見えないように隠します。

たれ布を織り上げて太鼓を作り、全体の形を整えます。
着物を着慣れていない場合には締め付けすぎないように気をつけましょう。

着物を着る機会としては、やはり京都に訪れた時です。
折角の情景に合わせて、着付け体験や着物レンタルを利用する人も多いでしょう。

教わる

そこから日常的に着物を着る機会を検討するのも良いですね。